政治を市民の手に!プロジェクト

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは 山岸です。


当プロジェクトは、昨年10月に発足してから13ヶ月、皆様のご参加のもとで活動を続けてきました。
昨年末の衆議院選と今夏の参議院選を中心に、市民が直接的に政治に関わり行動することを基本方針とし、主に小沢グループの応援をして参りました。

また、参院選後の方針を事務局で相談し、小沢グループを本籍としつつも、より裾野の広い集まりを目指していこうと考えました。
その第一歩として企画した孫崎享さんと糸数慶子さんの講演集会には、実に160人近い方々に集まっていただきました。当プロジェクトの常連の方々を中心に、社民党の服部さん(メッセージだけになってしまいましたが)ほか、実に多彩な方々が参加してくださいました。一般の参加者の方々も、本当に多方面の方が多くいらしていたようです。

何より、糸数慶子さんのお話を聞きたいという思いが、広汎な参加につながったようです。その意味では、この講演会は狙い通りの成功であったと思います。


しかし一方で、小沢グループはどちらに向いて進むのか、という問題があります。
参議院選以降、これと言った方針も出されず、小沢氏も早々にテレビ番組で野党再編を口にするなど、残念ながらまったく存在感を感じることができません。小沢氏の定例会見も、週を追うごとに質問が減り、出る質問も他党の動きへの感想ばかりです。

野党再編と言いながらも、社民党からの統一会派は断りました。社民党単独と先行して会派を組むこと自体は確かに得策ではないかもしれません。しかし、断ると発表された前日の会見で、小沢氏は社民党からの申し入れを「自分はまだ正式には聞いていない」と言っています。私はなにか釈然としないものを感じます。

こうした中で、最近の当プロジェクトの方向性について、多くの人に不安が生まれたようです。
本籍地である生活の党がどちらへ向こうとしているのか分からない中で、当プロジェクトがどんどん広い範囲、と言うか(旧来の言い方でいうと)左側の人たちと手を結んでいくのですから、不安に感じても無理はないのかもしれません。それは、私もよく理解できます。

ただ、私(山岸)のブログを読んでいただいている方はご存じのように、私は自分の考えの一環として小沢氏を支持し、弾圧への抗議も込めて陸山会に入会しているのであって、生活の党の党員ではありません。あえて右か左かと聞かれれば、誰がどう見ても左側の人間です。(そういう切り分けはもはや意味はないと思っていますが)
そして、生活の党の政治力と、市民運動のネットワークをなんとかつなげないかと、ずっと思って動いてきました。ほとんど同じ政策を持ちながら、ものすごく温度差のある両陣営に片足ずつつっこんで、アッチに行けば「政治家なんて信用できない」と言われ、コッチに行っては「市民運動なんてあてにならん」と言われながら、いがみ合うのではなく補い合えば大きな力になるのに、とずっと感じてきました。

ですから、今回の講演集会にむけてどんどん輪を広げていったのは、私の戦略どおりでした。
しかし、当プロジェクトは、私を含む4人を事務局として、多くの方の協力と協調の下に活動してきました。
ここで、私の戦略に疑問が投げかけられ、それを私も理解できる以上は、私一人の考えで暴走するわけにはいきません。
かといって、生活の党の応援団としても方向性が見えません。

はっきり言って、ニッチもサッチも行きません。

ということで、非常に残念ではありますが、当プロジェクトは一度解散したいと思います。


当プロジェクトは解散しても、それぞれの呼びかけ人はそれぞれの場で活躍していかれます。(私自身は・・・・食っていくのに精一杯かもしれませんが。。)
ぜひ、それらの企画にもご参加いただければと思います。

なお、これまでに皆さんにいただいたカンパなどの残金は、独断で恐縮ですが、これまで度々ネット中継でお世話になってきたIWJさんにカンパさせていただきました。悪しからずご了承ください。

なお、当ブログは活動記録として、当面このままおいておきたいと思います。


以上、ご報告させていただきます。

ありがとうございました。

        2013年10月30日 山岸飛鳥


スポンサーサイト

こんにちは 山岸です。
しばらくブログの更新ができずに申し訳ありませんでした。少々近況のご報告をします

8月4日に政治市民プロジェクトでこれまでにかかわっていただいた方々で、意見交換会を行い、たくさんの方に参加いただき、また多様な意見を出していただきました。
あれだけ色々な意見を、ケンカにならず(笑)にきちんと議論できたことは、とても貴重な時間だったのではないかと思います。

会の性質と、実際に話された内容から、残念ながら詳細を一般公開することは難しく、ここで詳しくは書けません。ただ、大きな流れとしては、もっと裾野を広げていくべきだということと、とにかく継続して消滅しないこと、また地方選に積極的にかかわろうという意見も多く出ました。

そうしたご意見を受けて、政治市民プロジェクトの呼びかけ人である、森田さん、西岡さん、山岸と、さらに渡辺義彦さんに加わっていただき、事務局として今後の方針を考えてきました。

具体的に いつどこで というのは、諸々の調整がありますので、もうしばらくお待ちいただくこととして、ここでは、大枠の話だけをさせていただきます。

① 月に1回の行動日を設定します。
街宣などのどなたにも参加いただける行動と、その後の懇親会を毎月の決まった日に定例で行えるようにしたいと思っています。

② 幅広い「おつきあい」を作っていきたいということです。
政策については全部同じではなくても、どれか同じならその部分で一緒にやろう という広い集まりを作っていきたいと思います。
結局は大事なのは信頼できる人かどうか ではないかと思います。政策は一致できない部分はあっても、うそはつかない、騙さない、真面目に議論できる人々とは、つながっていくべきです。

安倍の暴走にストップ という共通項で集まれる場が必要です。
その延長線に、地方選挙への関与と言うことも視野に入ってくるのではないかと思います。

③ 志を同じくする運動とは、広くゆるく連携したいと思います。
それぞれの運動ごとに、使える時間や得意技など違いがあります。
私たちのプロジェクトとしては、できるだけ地域に近いとことろで、あまり欲張らずに上記の方針をやりきりたいと思います。
その上で、他の運動とは情報交換や、イベントごとの協力など、広くゆるく連携していければと思います。


取り急ぎ、枠組みのお話しだけさせていただきました。
具体的なことは決定次第、皆様にお知らせしますので、どうかご協力下さい。


【お知らせ】政治を市民の手に!プロジェクト第2弾 11/25に日程変更

みなさんこんにちは コーディネーターの山岸です

急転直下の解散で、予定していた12月8日が公示後になってしまいました。

大阪市選管によれば、学習会は問題ないようだが、なにせ生活党は警察に睨まれているはずだから、やたらなことはしない方がいい。学習会に党員が参加していただけで、選挙違反とか言われかねない。

ということで、日程を変更することにしました。

11月25日(日)10:00~ 決起集会 兼 学習会
         13:30~ もよりターミナルで街頭宣伝

まだ、会場も探している段階(大阪市内~付近)で、詳細は追って発表します

ぜひとも、1人でも多くの市民が、自分の手で政治を変えるために立ち上がっていただきたい。

と言っても、そんなに大層なことをするわけではないので、気軽に来ていただきたい。

政治=汚い 政治=怖い という刷り込まれたイメージをぬぐい去ると、意外と簡単に市民の政治はできるのではないか。私はそう思います。

何も決まっていないのに恐縮ですが、参加希望者は info@mei-getsu.com までご連絡を

さあ、いよいよです




プロフィール

政治市民プロジェクト

Author:政治市民プロジェクト

 
メールフォーム
ご連絡は こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
 
 
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
アクセス解析
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。