政治を市民の手に!プロジェクト

 
1
2
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
17
18
19
20
21
22
23
25
26
27
29
30
11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援活動体験記(byぱんげあじゅんさん)

政治を市民の手に!プロジェクトのメンバーの「ばんげあじゅん」さんが本日、大阪2区(大阪市阿倍野区、東住吉区、平野区)の萩原仁さんの応援に行かれました。その体験記を書いてくれたので、紹介します

**************************************

今日の午後2時半頃より、大阪2区の国民の生活のはぎはら仁(ひとし)さんの事務所にボランティアにおしかけてまいりました。

ご本人は、政治活動でいらっしゃいませんでしたが、事務所には、常時8~10人の方がいらっしゃいました。
まずは、自分の住所などをボランティアシート?に記入し、すでに毎日配るチラシ折りをされていたので、そこに加わり3時過ぎまでお手伝いしました。

そこで休憩を頂き、4時ごろにクルマに同乗し、東住吉区の後援会の政策報告会をするため、開催される老人福祉センターまで行き、会場設営のお手伝いや受付などをお手伝いしました。

17時半より始まったのですが、そこで初めてはぎはら仁さんとお会いしました。
30人位の方が参加され、僕はちょっとホッとしました。
約1時間、はぎはら氏が消費税増税決定を機に6月に離党する決心をしたことや、その際のここでは言えない裏話などのお話しをして頂きました。

そこでわかったのは、はぎはら氏は、ウソのない誠実な人間だなぁ、と感じたこと。

311があり、現地に赴いたとき。本当は自分もスケベ心が少しはあったが、自分の子供と同じくらいの靴や学習ノートがぼろぼろになったのを見て、生きていて欲しいと、ただただ泣いて祈るしかできなかったこと。
ドイツとの原発の比較。1年で原発依存率を28%まで減らしたこと。日本もできると確信した。

地元の皆様に政治家にならせてもらったので、約束した消費税増税は絶対4年間はしません!と言った事への裏切りはできない。
あくまでも国民の方を向いて政治活動したいので、離党を決意したと、おっしゃってました。

その後19時から今川駅?だっと思いますが、徒歩にて移動し、夕立をされている間に7人ほどでチラシ配りを30分間しました。
はぎはら氏とそこで別れ、事務所にまたクルマで戻り、ノボリやスピーカーやチラシやバインダーなど、こまごました物を事務所に片付け、事務所を後にしました。

取り急ぎ、乱文乱筆ですみません。
一応ご報告まで。

スポンサーサイト

大阪6区 村上ふみよし さんからのメッセージ

この、政治を市民の手に!プロジェクトに、大阪6区(大阪市旭区、大阪市鶴見区、守口市、門真市)の 国民の生活が第一・村上ふみよし さんからメッセージをいただきました。

ご紹介します

         メッセージ
―「政治を市民の手に!プロジェクト」に寄せて―

この度は、「政治を市民の手に!プロジェクト」のお知らせを頂き誠にありがとうございます。皆様のお怒りをはじめ、お考えやご主張は、私たちが民主党に見切りをつけ、「国民の生活が第一」を結党させて頂きました心情と同一のものであります。また、政治信条から基本政策も全く軌を一にしております。本当に勇気を頂き感謝申し上げます。
今回の選挙では、消費増税を止め原発ゼロをめざし、まず、景気対策を実施して国民生活を守ることです。また、民主党政権が進めようとしている戦略戦術なきTPP参加を止めることです。そして、民主党政権の変質を主導した霞が関の官僚政治を打破することが目標です。
村上ふみよし は、まだまだ未熟ではありますが、これからも信念を貫く政治家として、国家国民のため微力を尽くさせて頂く所存であり、皆様と共に戦い抜くことをお誓い申し上げます。
どうか今後とも、プロジェクトの皆様のご指導並びにご支援を賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

          平成24年11月25日
           「国民の生活が第一」
            大阪府第6区総支部長
            前衆議院議員  村 上 ふみよし

プロフィール

政治市民プロジェクト

Author:政治市民プロジェクト

 
メールフォーム
ご連絡は こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
 
 
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
アクセス解析
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。